原状回復工事はどんな時にするの?


賃貸物件に住んでいる人、賃貸物件を所有しているオーナーさんは、原状回復工事の問題で悩むことがあります。

原状回復工事というのは、入居した時の状況にお部屋を戻す工事のことを言います。つまり、次の入居者が入れるように、破損した所を直したりすることです。
一番多いのは、タバコのヤニなどで壁紙が黄色く変色してしまった場合、引越し家具の搬入などの際に、フローリングや壁などに傷をつけた場合は、修繕する必要があります。

しかし原状回復工事の費用は、入居年数や破損の原因によって、借り手の負担になるか、貸し手の負担になるかが若干違ってきます。そのため、どっちが負担するかで、よく原状回復工事を巡っては大きなトラブルになったりすることがあります。

特に原状回復工事では、ペット不可の物件で、ペットを飼育していた場合、次の入居者が動物アレルギーだった場合にも備えて、壁紙からフローリングの張替え、消毒などを借り手の責任で行う場合もあります。

物件管理に不可欠!原状回復工事の基礎知識

原状回復工事の流れって?

原状回復工事の業者選び

ピックアップ

原状回復工事の見積もりはスッキリ計画!
原状回復工事の見積もりはスッキリ計画!
現状回復工事だったら『スッキリ計画!』がおススメ!
都心のエリア対象に、随時お見積もりを受けつけています。
スピーディーな工期で、原状回復工事は実績十分。
賃貸物件で気になってしまう、退去費用の悩みを一緒に解決しましょう!

新着情報

コメントは受け付けていません。